医学翻訳の基礎は英語力と専門の知識

医学翻訳の基礎は英語力と専門の知識です。
医学翻訳だからと言って、何か英語の特別な能力が必要とされるわけではありません。その種の翻訳では英語で書かれた医学の文書を訳すことになるので、基礎になるのは英語力になります。
英語の文法や語法、単語がきちんと分かっていなければ、医学翻訳はできません。
医学翻訳では和文英訳もありますが、それをする時も英語のことを深く理解していないと、英語の訳文を作り上げることはできません。
もう一つ大切なことは、医学的なことの理解です。それを理解していないとおかしな訳文を書いてしまう可能性があります。
医学的なことの場合は、人の命に直結する場合があるので、専門的な知識をきちんと理解して、的確な訳語を慎重に選ぶ必要があります。このタイプの翻訳は普通の人には難しいことが多いので、専門家に依頼するのが良い方法です。
翻訳会社の中には医学の翻訳を専門にしているところがあります。一般にこの種の翻訳は普通の翻訳にくらべて、料金が高いです。

医学翻訳の質を求めるほど課題が山積していく

基礎は英語力と専門の知識 病院職員や研究者たちは医学翻訳された文章を読みますが、これらが完成するまでにいたる背景はよく知りません。
成果物が存在するのは当然であると信じていたがっていませんが、医学翻訳の仕事に就く作業者たちの努力によって支えられている事実があります。
医学翻訳の完成度の高さを要求するにしたがって、課題は増えていきます。
たとえば、医学翻訳の細かい言い回しさえも蔑ろにできない場合には人員を増加させることが必要です。
知識量の多さに秀でていたり文章の組み立て方が上手な人材など、各分野の作業に秀でた集まりを構築しなければなりません。
とすると、作業者に支払われる報酬が高くなる課題を抱える結果につながります。
ところが、当該課題を解決できる手段はあります。
課題がコスト増加の一点に絞られるのであれば、報酬を受け取る意志を持たない人物が作業に取り組めば良いだけです。
善意のみで行動を起こす人物は各地に点在していますから、彼らに能力を発揮してもらえば問題は発生しません。

メニュー

『医学 基礎』 最新ツイート

@anma_massage

人間の体に触れることは尊いのである。 基礎医学すらまともに学んだことのない人間が、今もなお、マッサージ業界に跋扈している。 国家資格は大前提であり、スタートラインなのである。 スタートラインを踏まない者に参加権などない。

3時間前 - 2017年10月17日


@l_miagolare

基礎医学と小児と聴覚、構音はさよならする…失語、高次脳、嚥下でなんとか半分くらい取れんかな(最近ゼミ担が御機嫌斜めなのであんまりにも点数が悪いとあとあとこわい)

4時間前 - 2017年10月17日


@futurediverTKN

たぶんいざ専門科目群のテストが始まったら量が膨大でストレスマッハになるだろうからそんなことを考えたりはせんのだろうが、生化学とか少しの細菌・微生物学とかだけを学んでいっている、基礎医学系の知識をつけている段階だと臨床系の一部科目がとても楽しみだし、

5時間前 - 2017年10月17日