医学翻訳は一般的には会社員の給与と大差なし

医学翻訳は一般的には会社員の給与と大差なし

医学翻訳という仕事はとても専門的なものであり、高い語学スキルがないと行うことができません。
医学書は必ずしも英語だけとは限らないので、いろんな語学を知っていないといけません。
では医学翻訳の仕事はどのくらいの給与をもらっているのかというと、実は会社員とほとんど変わらないのです。
翻訳の仕事は会社勤めではなく、フリーでやっている人が多くいるので、そういった方は退職金をもらうことができません。
しかし、医学翻訳は前述したようにとても専門的な仕事なので出来る人が限られてきます。
そういったこともあり、臨時の収入をもらっている人も多数いることが想像できます。
給与としては会社員とそれほど変わらないですが、副収入が入ることで生活が成り立っているのです。
医学書はどんどん新しいものが出てくるので、出てくるたびに医学翻訳をしないと日本人の医師がとても使いづらいので、高い依頼料を払ってでも翻訳してほしいと思っているところは多いでしょう。

医学翻訳のお仕事はフリーランスの割合が高い

医学翻訳は、専門分野お仕事です。
日常生活レベルでの語学のフレーズなら、最近では翻訳サイトなども充実していますから、自分で何とか行うことが出来ます。
しかし、学会で発表したり、ビジネスとして使用するなら、その分野の詳しい知識が必要です。
例えば、医学翻訳は、翻訳学校などで勉強して専門性を身に付けた人が行います。
それほど、その背景に合わせて訳さなければ、第三者が読んだ時に意味が通じなくなってしまいます。
もちろん、理系出身者の場合には、すでに知識をお持ちなので独学でお仕事に就く人もおられます。
このように、翻訳では第三者に理解してもらえるよう行わなければなりません。
医学翻訳のお仕事はフリーランスの業態が大半です。
そして、依頼は翻訳会社からもらうのが一般的です。
最初にトライアルというテストを受けて、合格すれば翻訳者として登録できます。
翻訳会社には翻訳のことに詳しいコーディネーターと言う担当者がおり、他のフリーランス翻訳者への仕事の割り振りや管理も行っています。

メニュー

『医学翻訳 医学書』 最新ツイート

@katakanagobot

・ターヘルアナトミア/杉田玄白が翻訳した解体新書の元になった医学書。

7時間前 - 2017年10月17日


@tohoshoten

【注目国内書】 『四部医典医学タンカ詳解』 https://t.co/43N9V7LmKx チベット医学の聖典『四部医典』。その注釈本と図解タンカ(チベット仏画)80幅を、原書より直接翻訳、蔵日対訳で初公刊。東洋医学関係者必見の書! https://t.co/ZUvD0GXuWb

1日前 - 2017年10月16日


@tohoshoten

【注目国内書】 『四部医典医学タンカ詳解』 https://t.co/43N9V7LmKx チベット医学の聖典『四部医典』。その注釈本と図解タンカ(チベット仏画)80幅を、原書より直接翻訳、蔵日対訳で初公刊。東洋医学関係者必見の書! https://t.co/ZUvD0GXuWb

3日前 - 2017年10月14日